「医療レーザー」と「脱毛サロン」の根本的な違い

「医療レーザー」と「脱毛サロン」の根本的な違い

「脱毛サロン」では毛根の一番下にある毛乳頭の破壊はないのに対して、「医療レーザー」ではこの毛乳頭(毛の根元にある発毛指令を出す細胞)を確実に破壊する施術を行います。

この毛乳頭(発毛指令を出す細胞)が無くなれば、今ある毛が自然に抜け落ちれば毛は生えて来なくなるメカニズムです。

またこの毛乳頭(細胞)の破壊という行為が法律で医療行為とされています。そのため「医療レーザー」は、医療機関でしか受診できません。

現在日本では、永久脱毛は医療機関でしか行えない行為であると厚生労働省に定められています。

どの様な脱毛方法でも毛根の細胞自体を破壊する行為なので、リスクに対するケアが出来る医療機関以外での脱毛は、あまりオススメできません。

要するに、「医療レーザー」は「脱毛サロン」より【より遠くまで脱毛効果が届くよ】って事です!!

また「医療レーザー」は強い照射出力ができるので、その分、効果も高いといわれています。

一方、脱毛サロンの「脱毛サロン」の光脱毛は「医療レーザー」よりも照射出力が弱いので、脱毛サロンへ通う期間は長くなります。

一般的に脱毛期間は、「医療レーザー」脱毛では、2〜3ヶ月の間隔で5回通うと半永久的な効果が得られるといわれています。

3回目の照射(半年程度)から、ほとんど毛が目立たないレベルになってきます。サロンは一般的に10回以上です。


↓アリシアクリニックの詳細はこちらから↓

 

サイトマップ

ひまわり証券でFXを